.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

坐骨神経痛

最初に

坐骨神経って何なの?

坐骨神経とはまさに名のとおり坐骨を通る神経なんです。

坐骨神経理学療法ハンドブックより引用

坐骨というのはお尻にある骨の事です。硬い椅子に座って背筋を伸ばしてお尻を左右に振ってみてください。

椅子にお尻の左右の硬い骨のような物があたるのがわかりますか?それが坐骨です。

腰、骨盤からの神経が集まり坐骨神経となってイラストのようにお尻から太もも、ふくらはぎの裏側を通る神経の事なんです。

神経は通る場所や枝分かれして名前が変わっていきます。

詳しく言いますと

坐骨神経は、末梢神経の中でも最も太くて長い神経です。第4、5腰椎神経と第1~3仙神経が集まり、お尻の筋肉である梨状筋という筋肉の下を通って太ももの裏を通り、膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。イラストの絵が2通りあるのはその為なんです。


坐骨神経の役割

坐骨神経の役割ですが神経(末梢神経)の働きを考えればわかりやすいです。

神経(末梢神経)の役割とは筋肉を動かしたり、感覚(触る、痛い、熱い、冷たい、関節の位置の把握など)をつかさどる。などです。

なので坐骨神経が障害を受けると坐骨神経が支配する筋肉が弱くなったり、坐骨神経が支配する皮膚の感覚が鈍くなったり、坐骨神経の走行に沿ってしびれ、痛みが出たりします。

坐骨神経は、運動神経、知覚神経、自律神経の繊維を含んでいるので、障害時はそれぞれの神経症状が出てきます。具体的には、筋肉の痛み、感覚異常(冷え、鈍感、他)、などが出てきます。

坐骨神経の支配する筋肉(運動神経)

・股関節を動かす筋肉(大臀筋、中臀筋、小臀筋、大腿筋膜長筋、梨状筋、上双子筋、下双子筋、大腿方形筋、大内転筋)

・膝を曲げる筋肉(ハムストリングス)

・足首を挙げる筋肉(前脛骨筋)、下げる筋肉(下腿三頭筋)

・足の指を挙げる筋肉(長趾伸筋、短趾伸筋、長母趾伸筋)

・足の指を曲げる筋肉(長趾屈筋、短趾屈筋、長母趾屈筋)

などになります。

運動神経の異常で筋力の低下が現われ、重症化すると筋麻痺へと発展する事があります。特に両側の足の筋肉の症状は脊髄病変で起こることもあるので十分注意が必要です。

次に、坐骨神経は感覚も支配していますので

障害を受けると感覚障害も起こしてきます。

症状は、通常お尻の辺りから脚の先にかけて、神経の走行に沿って鋭い痛みを感じます。

痛みは持続性の痛み(動かなくても痛い)と、運動痛(脚を動かすと痛みが再現する。)が存在します。

知覚系の異常は、しびれ、皮膚の痛み、冷える感じ、感覚鈍麻(感覚が鈍い事)などの自覚症状も出てきます。坐骨神経はおよそ膝下から足先までの感覚を支配しています。傷害されている神経によって症状の出てくる場所が決まっています(足の甲であったり、足の裏であったり)。
下の絵は各神経が支配する皮膚の領域です。

FullSizeRenderベッドサイドの神経の診かた (田崎義昭、斉藤佳雄)

感覚神経の異常は比較的早期に出てくる事が多く、運動神経よりも早く現われます。

何故かというと知覚神経は運動神経よりも表層に存在するからです。圧迫を受けても、まず最初に知覚の異常が現われやすいです。

坐骨神経が障害をうける原因



腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。この症状を坐骨神経痛といい、腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。

腰椎椎間板ヘルニアの発症は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係しています。
椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2・5倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。よって、車の運転が多い方(トラック運転手など)、デスクワークの方、中腰の姿勢が多い方、荷物を持つことが多い方などに起こりやすいです。

6

 

変形性腰痛症

腰椎が変形することで腰痛や坐骨神経痛を起こします。

椎間板や関節、靭帯が老化によって劣化することによって腰痛が起こります。

変形性腰椎症の場合、40代以降になると多く見られる症状ですが、年齢を重ねると、椎間板が劣化して水分が少なくなってしまいます。
水分がなくなるということは、弾力性も失われると言うことで、脊椎骨のふちが変形してきて、椎体間の隙間がせまくなることで脊柱も不安定になってしまい、周りの神経や神経根が刺激されることになります。

このような状態になると。椎骨は骨棘という突出したものを作り出し、支えようとするのですが、この骨棘自体が周囲の神経を刺激して、痛みが生じてしまう場合もあります。

4

症状としては、腰にこわばりや鈍痛を感じます。

特徴としては、就寝時に寝返りをするとき、立ち上がるときなどに、痛みが強く出ます。動作の初めに強い痛みが走り、動き続けていることによって徐々に痛みが楽になるのが一般的な症状です。
レントゲン検査で、骨棘が形成されていることが確認できると、変形性腰椎症と診断されます。


腰椎すべり症

腰椎すべり症は背骨(腰椎)がずれてしまう事をいいます。
ずれてしまう事で脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて症状が出ます。
背骨(腰椎)に脊髄神経(馬尾神経)を入れた管が通っている孔があり、その管のことを脊柱管といいます。

5

この病気は脊柱管狭窄症と同じような症状が出ます。

少ない距離なら歩けるのですが、立ったり・歩いたりしているとお尻や太ももの部分が痛くなって、歩けなくなります。けれども、少ししゃがんで休めば楽になって、また歩けます(間欠性跛行)。
歩ける距離は日によって違いますし、患者さんによっても異なります。腰のあたりの痛みは比較的少なく、全く腰痛がない方もいます。

原因になるものは、靭帯組織や椎間板の劣化によるものです。
劣化の原因は加齢によるもので、加齢が過負荷を起こしてしまいます。。若い年代では耐えられていた負荷が、年齢を重ねると共に過負荷になってしまい、腰椎がすべってしまいます。
外傷や腫瘍などを除けば、徐々に進行する場合がほとんどです。


腰椎分離すべり症

腰椎分離症の原因としては疲労骨折と考えられています。

腰椎11

まずこの写真を見てください。腰椎と骨盤の骨模型で腰を反った状態です。
黄色のラインが脊髄神経です。

人の姿勢で言えば反り腰のような状態と思ってください。

立位 腰椎前腕強

このような姿勢のことですね。
さて、模型の写真をみてください。青い字で剪断力と書いてあります。
これは反り腰のような姿勢をとると上半身の重さが腰椎に集中してしまい。前方(お腹側)へのストレスのベクトル強くなってしまいます。
そのことによって腰椎の関節である椎間関節にストレスが集中し腰椎分離症になります。

下の写真を見てください。

分離が発生するのは腰椎後方の上関節突起と下関節突起の間の関節突起間部です。

IMG_3796

この部分に上半身の重みが過度に加わった状態で腰椎の屈伸、回旋が繰り返し加わることにより疲労骨折が発生します。疲労骨折の骨癒合が得られず偽関節となり離れた状態が分離症で、腰椎分離はほとんどが第5腰椎(90%)に発生しています。

分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。

分離すべり症は慢性的な腰痛と下肢痛(坐骨神経痛)を来すことが多いです。


腰部脊柱管狭窄症

3

背骨(腰椎)に脊髄神経(馬尾神経)を入れた管が通っている孔があり、その管のことを脊柱管といいます。

脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。

この腰部脊柱管狭窄症は簡単に言いますと、腰椎の脊柱管が何らかの原因で狭くなった状態を示します。

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、変形性腰椎症による椎体の骨棘(こっきょく:椎体外側にできる骨の棘(とげ))や、腰椎すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、背骨に加齢に伴う変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こります。老化現象の一つで、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は狭くなっていきます。これまで説明してきた腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、変形性腰椎症によって脊柱管が狭くなった状態も含みます。


梨状筋症候群

梨状筋は、仙骨と太ももの外側の付け根の大転子とをつなぐ筋です。梨状筋の隣、または中を坐骨神経が通っています。この梨状筋が、姿勢の不良や疲労などにより硬くなり、坐骨神経を刺激しお尻のやや上から、外側のくぼみ周辺にしびれを起こします(坐骨神経痛症状)。

椎間板ヘルニアを疑ってMRI検査をしてもヘルニアが原因でなく梨状筋症候群だったというケースもあります。
年齢層は若年層から高齢層まで可能性があります。スポーツで発生することが多い症状です。

また、梨状筋の中を坐骨神経が貫いている人が数パーセントいます。このような人は梨状筋症候群に陥りやすいです。

2

 

また、梨状筋が血行不良を起こし硬いコリが出来てしまうとトリガーポイントといわれる坐骨神経痛に似た痛みを発生することがあります。
坐骨神経痛と混同しやすいトリガーポイントについては後ほど説明します。


坐骨神経痛と間違えやすい疾患



仙腸関節障害

1

上の図を見ていただくと骨盤は、仙骨とそれを挟むように左右にある腸骨からなります。 腰を曲げる時や歩行時などに体を支え、体重を受け、人間が活動するうえで大切な関節になります。その「仙骨」と「腸骨」のつなぎ目を『仙腸関節』といいます。


仙腸関節障害の症状

運動不足や不良姿勢を続けることで正常な機能が働かなくなり、仙腸関節に歪みが生じることで腰やお尻の痛みを発生させます。起床時や洗顔時など腰をかがめたときの痛み、ズボンをはく動作など足を持ち上げたときの痛み、長時間の座り姿勢や座っていてどちらかのお尻に体重をかけたときの痛みなどが挙げられます。痛みの種類としては骨盤(仙骨の少し横らへん)にキリキリしたような鋭い痛みを感じることが多いようです。また、ギックリ腰の原因にもなりやすいです。

仙腸関節に異常をきたした状態で過ごし、状態が悪化すると坐骨神経痛のように足にしびれや痛みなどが生じることもあります。  その他に女性の場合、生理時に痛みが強く出現することも多くあります。

このように「仙腸関節」とは身体を支え、動かす上で重要な役割を果たしており、障害をきたし構造上の問題が発生して様々な症状をきたします。


筋膜性疼痛症候群

筋膜性疼痛症候群(きんまくせい とうつうしょうこうぐん、Myofascial Pain Syndrome:MPS)は、筋肉が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気です。 日本では筋痛症とも呼ばれることもあります。

通常、急激に重い物を持ったり、無理な姿勢等により繰り返し筋肉に負荷をかけると筋肉に微小損傷が発生します。いわゆる筋肉痛の状態です。通常、この痛みは数日程度で自己回復をしますが、さらに、繰り返し筋肉に負荷を与えたり、寒冷にさらされる事により血行の悪い状態を作ると、その部分が痙攣(けいれん)状態になり短期間で自己回復できなくなります。この状態が筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。

筋膜性疼痛症候群(MPS)では一般的な筋肉痛とは異なり、痛みやしびれの強さが相当激しいものになり、更に痛みやしびれの範囲が広範囲に発生します。

筋膜性疼痛症候群(MPS)では、筋肉の痙攣(けいれん)、硬直部位に物理的に力を加えると、そこから痛みが広がるような点が見つかります(トリガーポイント、発痛点と呼びます)

坐骨神経痛と間違えやすいトリガーポイント

梨状筋

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8btp

小殿筋

%e5%b0%8f%e6%ae%bf%e7%ad%8btp

 

このような筋肉があります。

他にも中殿筋、大殿筋、ハムストリングス、腓腹筋、腓骨筋などのトリガーポイントも坐骨神経痛の領域と同じような部位に症状が出現します。

一見、坐骨神経痛とおもわれる痛みやしびれも実は筋肉が原因であることもあります。

坐骨神経痛といっても色々あることがわかっていただけたでしょうか?

画像検査、整形外科的検査、触診、神経学的検査などでしっかり原因を特定していく必要があります。

当院の坐骨神経痛への施術、リハビリ、トレーニングについてはこちらをクリックして下さい

Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.