.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

膝痛 原因

変形性膝関節症

膝関節の痛みで最も多いのが変形性膝関節症です。膝関節を支える筋力の低下、加齢や肥満などにより膝関節の機能が低下、負担が増す事により、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症によって関節が腫れたり痛みを伴う病気です。

膝関節のクッションの役目を果たす膝軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形することで起こるもの(一次性)と、関節リウマチや膝のケガなどの他の原因によって引き起こされるもの(二次性)の2種類がある。

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。

初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

%e8%86%9dx-p標準整形外科学より

上のレントゲン写真(膝関節)は左側の写真は外側の隙間が狭く、右側の写真は内側が狭くなっております。
このように膝関節に変形が起こっている状態の事を言います。

半月板損傷

%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%93

 

上の写真(膝模型)で膝関節の間にある青いゴムのような物のことを言います。
この半月板は役割があって存在しています。

半月板の役割

1:膝関節のクッションの役割

%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%92 関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

上の図のように膝関節は荷重関節(体重がかかる関節)なので半月板が無いと1点に荷重が集中してしまいます。
それを半月板をかいする事で荷重を分散させます。

2:膝関節を横から支える
%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%95


関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

上図のように膝関節の横の隙間に半月板があることによって膝関節を支えます。

3:関節液の潤滑を良くする
%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%96


関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

関節には関節を覆うように関節包とい袋があり、その中に液体(関節液)があります。半月板は膝関節の中の滑液を動かし滑順をよくすると言われています。

半月板は膝の曲げ伸ばしで動きます
%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%94

関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

上図のように膝関節の曲げ伸ばしに伴って、挟まれないように半月板は移動します。
膝を曲げていくと後方に、膝を伸ばすときは前方に移動します(実際は回線運動を伴いながら複雑な動きをします)。
しかし、姿勢が歪んでしまって膝がO脚やX脚になってしまったらどうでしょう?

 

o%e8%84%9aこのようにO脚の状態でしたら・・・・

%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%93

膝の間の内側にある内側半月板が潰されてしまいます。
逆に、X脚だと外側半月板が潰されてしまいます。

また、膝は曲げ伸ばしの際に、ねじれの運動が起こっております。
スクリューホームムーブメントといって膝を伸ばしきったときは下腿は外旋(足先が外を向く方向)し、曲げるときに下腿は内旋(足先が内側を向く方向)に動くとされています。
O脚やX脚のように膝が歪んでいるとスクリューホームムーブメントが上手く機能せず半月板に負担がかかってしまうことも考えられます。

膝が歪んだ状態で歩いたり、走ったり、しゃがみ込んだりしていく中で徐々に半月板に負担がかかり続け半月板を損傷します。

これまでの事を踏まえて、膝関節は大腿四頭筋という太ももの筋肉がしっかり働く事で安定します。変形性膝関節症や半月板損傷などの状態では大腿四頭筋がしっかりと働いていない状態です。

また、膝周りの筋肉が硬くなると膝関節に負担がかかり曲げ伸ばしで痛みがでやすくなります。
先ほど述べたように姿勢の崩れからも膝に負担がかかります。

背中が曲がった姿勢や、身体が捻れていると膝も曲がったり捻れた状態のままになり負担がかかり続けます。

膝痛 施術内容


1:膝関節の筋肉の柔軟性向上(ストレッチ、施術)


2:大腿四頭筋の強化(トレーニング指導)


3:姿勢の歪み、動作(スポーツの動き)からの膝関節への負担を確認(姿勢を良くする為の施術や動作指導、トレーニング、ストレッチを指導)


膝痛の方で大切な事は膝関節を安定させる事、膝周りの筋肉を柔らかくすること、姿勢の崩れを改善することです。

お客様の声( トレーニングジム会員)
50代女性:お悩みの症状(膝痛)

膝の痛みが軽くなり、長い時間歩けるようになりました。
  • N.Iさん
  • お客様の声30
痛みがある時は整体だけを続けて行き、少し良くなりジムの方も一人一人自分に合ったメニューを写真と文章で解りやすく書いていただき、両方続けている内に痛みも和らぎ日に日に良くなってきました。

また先生とも気楽に何でもお話出来たのも良かったです。


お客様の声(トレーニングジム会員)
50代女性:お悩みの症状(膝痛、姿勢の歪み)

出かけることが苦にならなくなりました。
  • Sさん1
    トレーニングジム入会時
  • Sさん2
    現在
通院までは膝が悪く買い物にカートが必要になっていました。

しかし通院してからは歩くのが楽になり、出かけることが苦にならなくなりました。

リハビリのスペシャリストの整体院(理学療法士の資格保有)・スポーツジム併設 初めての方へ Jumpへお越しください!
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.