.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

・足の親指が歩くと痛む

・足の幅が広くなり細めの靴が入らなくなった

・膝痛や腰の痛みが出てきた

・インソールを履いているが改善しない

・治療院でマッサージやテーピングをしても変わらない

このような外反母趾からの症状でお困りの方は是非、当院にご相談ください!!

430225

外反母趾とは上の絵のように足の親指が外側を向いた状態(外反)です。
これにより親指の関節に負担がかかり痛みを起こします。

では、そもそも何故、親指が外側をむいてくるのでしょうか?
外反母趾に悩まされている方でも最初は今ほど親指が外に向いてないなかったのではないでしょうか?

外反母趾は偏平足(べた足)と姿勢との関係が非常にあります。

まず、偏平足ですが足裏の土踏まず部分に形成されている「正常なアーチ」が何らかの原因によって失われてしまう事によって発症する足裏の障害です。いわゆる足の裏がぺったんこで土踏まずが潰れている状態です。

それでは何故、偏平足が外反母趾に関係してくるのでしょうか?
偏平足の方は膝が内側(内股)になりやすいからです。
分かりやすく説明しますとまっすぐ立った状態で膝を内側に入れてください。そうすると土踏まずが潰れてしまいます。
この内股の土踏まずが潰れた状態でいると外反母趾が進行します。
下の写真を見てみましょう。
fullsizerender-1fullsizerender-2歩行時の蹴り出し(つま先で地面を蹴る瞬間)です。

膝を内側に入れて偏平足の状態で蹴りだしを行ってみます。
fullsizerender 親指が外側に捻じれています。
歩く事でこのような親指の外側の捩れの負担がかかり続けることで徐々に外反母趾が進行していく事になりますね。
また、偏平足の影響で膝を捻じった状態で歩いたり走ったりすることで膝痛や腰痛といった症状の原因になったりします。

難しく言いますと、扁平足は距骨頭が舟状骨から内側足底方向に移動しばね靭帯や後脛骨筋腱が伸び、内側縦アーチが消失した状態です。
%e6%89%81%e5%b9%b3%e8%b6%b3四肢と脊柱の診かた より

図を見ていただくと距骨というのは足関節を構成する骨です。よって、「距骨頭が内側足底方向に移動する」という事は足関節を作っている骨が内側に崩れてしまうという事なんです。

ここで注目して頂きたい事は骨が歪んで扁平足になっているという事です。
そうすると足関節に隣接している膝関節を中心に股関節、脊柱といった骨にも影響が出てしまうのです。
%e9%81%8b%e5%8b%95%e9%80%a3%e9%8e%96%ef%bc%92
整形外科理学療法の理論と技術より

この図を見ていただくと足関節を内側に捻る(扁平足の状態)と膝がX脚になり、逆に足関節を外に捻ると膝はO脚になることを説明しています。また、膝が内側に捻られても足関節は内側(扁平足)に捻じれてしまいます。その逆のしかりです。
また、次の図を見てください。
%e9%81%8b%e5%8b%95%e9%80%a3%e9%8e%96%ef%bc%93整形外科理学療法の理論と技術より
これは、足関節を内側、外側に捻ると骨盤や脊柱、肩の位置まで動いてしまう事を説明しています。
これらの身体の動きの関連性のことを運動連鎖といいます。
運動連鎖のパターンは様々あり、それぞれ違います。

このような事からわかることは、たかが外反母趾と思って痛みもないので放置してしまうと膝や腰といった部位にも歪みが生じてしまい膝痛や腰痛、肩こりなどの原因になる事があるという事です。
また、外反母趾だけではなく膝や腰が悪くなり、かばっていると、おのずと周りの関節にも負担をかけてしまうという事です。

よって、「痛む箇所ばかり診ていても本当の原因は他の場所にある事がある」という事です。

訂正しておきますが、一番は痛む個所をしっかり診てから、次に他の箇所からの要因も考えて診ていく必要があるという事です。


開帳足からくる外反母趾について

まず開帳足とは?
足の平が横に広がった状態を開帳足といいます。


足を支える土踏まずは全部で3つあります。
・内側縦アーチ(足の内側を支える)・・・俗に言う足の内側を支える土踏まず。

・外側縦アーチ(足の外側を支える)

・横アーチ(足の指の付け根の横アーチを支える)

開帳足は横アーチが落ち込んでしまった状態です。
%e6%a8%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%ef%bc%91足の指の付け根の部分の横アーチが保たれている状態(正常)。


%e6%a8%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%ef%bc%92横アーチが潰れてしまい足が横に広がってしまっている状態(開帳足)

この開帳足は足の筋力が弱ってくることによって起こります。

開帳足の分かりやすいポイント
・人差し指・中指の付け根あたりの下に魚の目が出来てきます。
長く歩くとその部分が痛くなったりします
%e9%ad%9a%e3%81%ae%e7%9b%ae
・いつも履いている靴の横幅がきつくなり痛くなることがある
開張足では足の幅が広がります。スニーカー等ではそれほど問題ありませんが、パンプスの場合、アーチが崩れることによって、踏み付け部の厚みが薄くなったうえに幅も広がるので、今までちょうと良かったお気に入りの靴も、「幅はきついし、前滑りする」 2重苦の靴に変わってしまいます。

そしてこの開帳足から外反母趾が進んでしまいます。
%e9%96%8b%e5%b8%b3%e8%b6%b3
上図を見てください。
正常時をみると足の指を動かすために色々な方向から筋肉や腱が足の指に付いています。

開帳足になると足の指の付け根の部分が横に広がってしまうので筋肉、腱が引っ張る方向が変わってしまいます。
弓の弦のように親指を引っ張ってしまうのを想像して下さい。
特に親指と小指に関しては内側に引っ張られてしまいます。
親指は外反母趾に、小指は内反小趾になります。

横アーチを保つための筋肉は背側骨間筋や母趾内転筋などになります。


偏平足・外反母趾を当院ならこう改善します。

偏平足・外反母趾を当院ならこう治療します。
まず第一に土踏まずを支える筋肉のトレーニングを行います。

土踏まずを支える方法としてインソール(靴べら)を行うこともできますが当店としてはまず自分の力で支えることができる足づくりを行うことを第一に考えております。もちろんインソールも行っております。

そして、土踏まずのトレーニングのみではなく体全体のバランスを整え土踏まずへの負担を減らしてことを目的としたトレーニングを行っております。また、靴などの履物のアドバイスもさせて頂きます。

 


なぜ運動をすることで身体の歪み・痛みを改善できるのか?

よく「健康のために運動をしなくてはいけません」と言う言葉を聞きます。 そんな皆さん分かっているようでしっかり理解していないだろうと思われることを書いていきたいと思います。

一口に運動といっても色々ありますね・・・ 当院リハビリ整体&トレーニング Jumpで行っている。身体の歪み、痛みを予防・改善する為の運動ってなんなの?なぜ必要?って事を書いていきます。

そもそも何故身体が歪むといけないのでしょうか?

地球に重力があって私たちは二本足で立っています。二本足で立つって凄く不安定だと思いませんか?

例えば亀のように地面に近く、四本足で立っている方が安定していると思いませんか?

その二本足で立つ事を可能にしているのが脳の平衡感覚や反射によって身体の筋肉を働かせて身体が二本足で立つ事を可能にしています。

人の体をヨットに例えてみます。

骨格をヨットのマスト(支柱)とします。マストとは帆を張るため船体から上に向かって立っている棒のこと

筋肉をマスト(支柱)を左右から引っ張り支えるロープとしましょう。

つまり筋肉が絶妙なバランスで引っ張り合って骨格が二本足で立つように支えているのです。

凄いことですね。

身体が歪むのは引っ張り合ってる筋肉のバランスが崩れたり(筋力低下や柔軟性低下など)、支柱となる骨格に問題があったり(骨折や関節の変形など)、あるいはバランスを取っている脳に障害がある時です。

何となく想像できましたでしょうか?

ホームページ 歪み説明

左側の絵は普通に真っ直ぐに立っているいる人とします。背骨の左右のピンクラインは脊柱起立筋群といって背骨を左右から支える役割があります。

次に真ん中の背骨が歪んでいる人を見てください。

背骨が左右に彎曲しています。すると、脊柱起立筋群が首、背中、腰で引っ張られたり、縮んだりしているのが分かります。片方が引っ張ると当たり前ですが反対側は縮みます。このようなことが起こると筋肉は張りを感じたり痛みを起こしたりします。

次に右側の絵ですがO脚の人です。これは、O脚になった足に上半身の重みがかかっている事を想像してみてください。

仮に足の筋肉がなければ両足が外側に折れてしまうのではないか!って思ってもらえればOKです。

この状態が続けば膝関節の内側にストレスがかかり続け磨り減ってしまい変形性膝関節症になります。

今まで説明したのは例ですが他にも人それぞれ歪み方があり、その原因があります。

例えば膝を伸ばす筋力が弱かったり、肩甲骨周りの筋肉が硬かったり、あるいは関節の変形がある事で歪んでいたりします。

その原因をしっかり検査、測定で把握して問題点を把握することが大切なんです!

 

それでは具体的に身体の歪み、痛みを改善していく方法

を出来るだけ分かりやすく説明していきたいと思います。

この中では分かりやすくストレッチと筋力トレーニングの二つを使って説明します。

まずはストレッチです。ストレッチには静的ストレッチ、動的ストレッチがあり方法、目的が異なりますが今回の話では難しい話はしないで簡単に!

ストレッチをすることで筋肉の柔軟性が向上し関節の動きを向上、動かしやすくする事ができます。

次に筋力トレーニングです。

筋力トレーニングは皆さんご存知の通り筋力・筋持久力を維持、向上させる為に行うトレーニングの事です。これには様々な種類、目的がありますので簡単に!例えば、「ウェストを引き締めたい」であれば腹筋をしますね。これは腹直筋、腹斜筋群の筋力トレーニングになります。弱くなって緩んだ腹筋が強くなるからお腹が引き締まります。

下の図を見てください。
まっすぐ
円背2

この図は背中が丸まった猫背で立っている人とまっすぐ立っている人です。

まず、まっすぐに立っている人を見てください。

腹筋、腰背筋群、大腿四頭筋、ハムストリングスが書かれています。

腹筋、腰背筋群が対になって体幹の前後を支えており、大腿四頭筋、ハムストリングスが対になって足の前後を支えております(脊柱や筋肉の付いている場所などはわかりやすくするため簡単に書いてあります)。

次に、背中の丸まっている人の絵を見てください。

背中を丸めるだけだと前にお辞儀することになり前方へ倒れてしまいますので膝を曲げて重心を体の真ん中にしバランスを取ります。

ここで赤色で書いている腰背部筋と大腿四頭筋は膝が曲がること、腰が曲がることによって伸ばされています。

青色の腹筋とハムストリングスは逆に緩んでしまっています。

この丸まった状態が続くと緩まった腹筋、ハムストリングスは弱くなり縮んでしまい硬くなり真っ直ぐ伸びなくなります。伸ばされ続けている腰背部筋、大腿四頭筋はずっと緩むことができないので疲労が溜まりだるさや痛みを起こしてきます。
このような事で二次的に膝痛、腰痛、肩こりを起こします。
ここで先ほど説明したストレッチと筋力トレーニングの出番です!

例えば膝の怪我をして膝を伸ばす大腿四頭筋が弱くなり、膝が伸びなくなってしまったとしましょう。すると、膝が伸びないので背中を丸めてバランスをとり、長期間続くと上図のようになり、腰痛、肩こり、膝痛を二次的に起こしている状態とします。

この人の膝痛、腰痛、肩こりを改善する為に真っ直ぐの姿勢に戻していくには!!

①膝を伸ばす大腿四頭筋のトレーニングをします。

②に縮んでしまったハムストリングスを伸ばすストレッチをします。

①、②で膝は伸びてきました。後は丸くなった体幹が残っていますので③腹筋のストレッチ、④腹筋、背筋のトレーニングで体幹も真っ直ぐに戻してやっともとの負担の少ない真っ直ぐな姿勢に戻ります。

以上のことで言えることは、

・痛みを起こすのは原因があり起こるので、ただ痛い、だるい所を揉んだり、電気をあてたりするだけでは原因解決になっておらず、その時だけ楽になるだけでほとんど改善しないこと(その場しのぎ)。

・持病などで痛みをお持ちの方が我流でウォーキングやトレーニングなどの運動することは身体に負担をかけている可能性が高いので専門家にしっかりと診てもらいながら行うことが望ましいという事。

・適切な運動により身体のバランスを整え姿勢を改善していくことで身体への負担が軽減し状態が良い方向へ向かうという事

になります。

ここお話した内容はあくまで分かりやすく噛み砕いてお話ししております。身体の問題は個々で異なりますので疑問に思うことがあればお気軽にご相談ください。

問題点に対する解決策を行っていくことによって身体の歪み、痛みを改善していく事になります!

 

初めての方へ Jumpへお越しください!
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.