.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

なんで腰痛になるの?まとめ

腰痛は、痛みが続く期間の長さによって「急性腰痛」「慢性腰痛」の大きく2種類に分けられます。

腰の痛みが起こってから、おおむね4週間以内におさまるものが「急性腰痛」とされます。

特徴としましては

急激に激しい痛みを起こすことが多いです。「ギックリ腰」が良い例です。重たいものを持ち上げようとした時や、中腰をした時に急に腰が痛くなり動けなくなります。このように痛くなったきっかけや瞬間がわかりやすいです。

そして安静にしていると徐々に痛みが落ち着いてくるのも特徴です。だいたい1週間程度でだいぶ良くなります。長くても1ヶ月もすれば急性腰痛の9割は完治するといわれます。これは筋肉や靭帯などの損傷を主な原因とする「ぎっくり腰」でも、椎間板という軟骨の変性による「椎間板ヘルニア」などでも、ほぼ変わりありません。そして、激痛があってもX線(レントゲン)などの画像検査の結果、腰の骨や椎間板、神経などに明らかな異常が見られないことが多いです。こうした原因不明の「非特異的腰痛」が大部分を占めます。

一方、腰の痛みが3ヶ月以上続くのを「慢性腰痛」といいます。

慢性腰痛の痛みは「じんじん」や「ダルイ」、「ズキズキ」、「重たい感じ」といった痛みや違和感が強くなったり、弱くなったりします。主なきっかけがなく痛み始める事も多く徐々に痛くなる場合が多いです。また、急性腰痛をこじらせて慢性腰痛に移行する場合もあります。

急性腰痛は安静で完治することがほとんどですが慢性腰痛では何の対策もせずに自然に治る確率は高くなく、科学的根拠に基づいた治療が必要となります。腰の病気や障害が進行していたり、内蔵の病気や心理・社会的な要因(ストレスなど)が深く関与していることが多いため、治るまでにはどうしても時間がかかります。

慢性腰痛の原因としましては

・腰椎(背骨の腰の部分)に障害がある

腰椎を構成する骨や椎間板が衰えて変性(形や質が変化)し、組織に炎症が起きたり、周囲の組織を刺激するなどして痛みます。椎間板ヘルニアは自然に治ることも多いですが、その他の障害は適切な治療を受けないと腰痛の解消が難しいものが多いです。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症、変形性腰椎症、脊椎側弯症、骨粗しょう症など

他にも腰椎の病気(化膿性脊椎炎、脊椎カリエス、脊髄腫瘍・脊椎腫瘍)など背骨に細菌が入り感染したり、腫瘍が背骨にできる事もあります。内蔵の病気が原因で腰痛が出ることもあるようです。

他には原因がはっきりしないものがあります。そういった場合は心因性(ストレスなど)で片付けられることが多いようです。

ではなぜ腰椎に障害が起こってしまうのでしょうか?

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症などはなぜおこってしまうのでしょうか?

まず、解剖学的に腰を見ていきましょう!

下の写真は腰椎(腰の背骨)の模型で腰を後ろから見た写真です。白いのが腰椎で骨の中に見える黄色のラインが神経(脊髄神経)です。
この腰椎の中の神経が圧迫されることにより両足にしびれや痛み、膝、足首や足の指の筋力が弱くなったりします。

腰椎7
次の写真は腰椎を横から見た状態で腰椎と腰椎の間にあるのは椎間板といいます。
椎間板は、内側にある髄核と、それを囲む線維軟骨から成ります。椎間板は日々の身体活動の衝撃を吸収し、ショックアブソーバーとしての役割を果たします。線維軟骨の部分はドーナツ状に存在しており、中心の髄核はゼリー状である。

わかりやすく言えばゴムのような物が背骨の間にあり背骨の負担を吸収します。そのゴムの中にゼリー状の髄核というものがあります。椎間板が何らかの圧力によって前方または背面に移動し本来の位置から逸脱すると、椎間板の近くに位置する神経に圧力をかける可能性がある。これが、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアとなります。

腰椎8

 

次は、姿勢からの腰への影響を考えます。
下の写真を見てください。

腰椎8

腰椎の模型です。そのまま真っ直ぐ置いた状態です。

次の写真は背中を丸めて座っている人です。骨模型の写真も丸まって坐ている状態です。

 

円背座位腰椎9

骨模型の写真を見てください。そのままの状態の時と比べて背骨が丸くなることで背骨(腰椎)の間にある椎間板が潰されているのがわかります

これから分かることは腰が丸くなった状態では椎間版への負担が大きくなるのです(椎間板内圧が上がる)。背中を丸めて座る姿勢、前屈姿勢、中腰などに当てはまります。

車の運転やデスクワークの姿勢がこのように腰を丸めた状態で長時間いると椎間版へのストレスがかかり続け椎間版ヘルニアを起こしてしまいます。

日常の習慣からの負担が積み重なり続け、痛み、だるさとなって出てきます。

次の写真は腰椎を前に反らした状態(前弯)と腰を丸めた状態(後弯)の写真です。

 

腰椎11腰椎10

 

 

これらの写真から考えられることは、

脊柱管の幅が腰椎の姿勢によって変わることです。

脊柱管とは脊髄神経がとおっている管のことです。模型では黄色のラインが脊髄神経で、脊髄神経が通っている背骨の間の管の事を脊柱管といいます。

そのままの腰椎を置いた状態と比べて

後弯させた状態(腰を丸めた状態)では脊柱管の幅が広がっているのがわかります。

前弯させた状態(腰を反った状態)では脊柱管が狭くなっています。

このことによって分かることは腰椎を過度に前弯させた状態は脊柱管が狭くなった状態が続くため脊髄神経を圧迫するストレスが増えてしまうということです。脊髄神経を痛めると下肢のしびれ、痛み、筋力低下、感覚障害などをおこします。

立位 腰椎前腕強

普段の姿勢ではこのように腰を後ろに出している状態が代表的です。いわゆる「出っ尻」ですね。

この状態が続くと上半身の重みを腰の反っている部分ばかりで受け続けます。

そのことによって腰椎の前方方向に剪断力がかかり続け腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症などを起こしてしまいます。

 

腰椎分離・すべり症についてもう少し説明します。

下の写真を見てください。

分離が発生するのは腰椎後方の上関節突起と下関節突起の間の関節突起間部です。

 

腰椎12

この部分に上半身の重みが過度に加わった状態で腰椎の屈伸、回旋が繰り返し加わることにより疲労骨折が発生します。疲労骨折の骨癒合が得られず偽関節となり離れた状態が分離症で、腰椎分離はほとんどが第5腰椎(90%)に発生しています。

分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。すべり症は脊椎(せきつい)同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」と呼びます。

分離すべり症は慢性的な腰痛と下肢痛を来すことが多く、高度なすべり症以外では通常、排尿排便障害は認めません。変性すべり症も腰痛・下肢痛を来しますが、脊柱管(せきちゅうかん)全体が狭くなるため馬尾(ばび)神経の圧迫症状が主症状になります。

馬尾神経とは腰の部分の神経のことで、仙骨まで走ってきた脊髄はそこでいくつかの神経に分かれていきます。見た目がウマのしっぽと似ているのでそう呼ばれています。

歩行によって下肢痛やしびれ感が出現し、休むと軽快する間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状や、会陰部(えいんぶ)のしびれ感や、排尿排便障害を来します。

 

次は、腰部脊柱管狭窄症について

脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。

腰部脊柱管狭窄症では、腰椎前弯の増強、つまり腰の反りが強くなることにより脊柱管が狭くなり狭窄部位が圧迫され、痛みやシビレなどの症状が悪化することがあります。

 

まとめると・・・・


腰を丸めた姿勢や腰の反りが強いと腰に負担がかかり続け障害を起こしてしまうという事です



それでは・・・

実際にどうしたら良いのか?



腰に負担のかからない身体作りをすることです!!

腰の反りが強く腰部脊柱管狭窄症になっている方の場合

ストレッチによって腰の反りを軽減させることが出来ます。

そのことにより狭窄部位の圧迫が減少(除圧)され、症状を軽減することができます。

そして、腰の反りが軽減した状態を保つために体幹のトレーニングを行う必要があります。

このことは腰椎分離症やすべり症にも当てはまり、分離、すべりを起こす原因となっている腰の反りを軽減させることで負担を減らすことになります。

 

また、腰を丸めて座ることが多く腰部椎間板ヘルニアを起こしてしまった方には

腰が丸くならないように体幹トレーニングを行い腰をしっかり保てるための筋力をつける必要があります。

 

このような身体の特徴(腰の反りや猫背で座るなど)をしっかり把握し、その原因を解決していく必要があります。

*腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症を起こす原因は腰の反りや丸まった姿勢だけではありません。姿勢から腰への影響を分かりやすくするために説明したものです。

 

 

 

 

 

 

 

タグ:

南草津の理学療法士がしっかり診る整体院Jump(スポーツジム併設)

  • 南草津の理学療法士(国家資格であるリハビリの専門職)がする整体院です。(慢性的な腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害など)

    リハビリ整体の中で医学的な根拠に基づいた検査(動作観察、関節可動域、徒手筋力検査など)を行い個々の問題点を把握した上で、安心に施術を受けていただけます。

    スポーツジムは会員制で腰痛や膝痛、股関節痛、首痛などの症状を改善する為に必要なトレーニングメニューを行って頂けます。健康目的の為にもご利用可。営業時間内は使い放題です。
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.