草津Jump:膝蓋大腿関節障害(4)障害を起こす要因

草津・南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)の院長木村です。
前回までは膝のお皿の解剖から動きまでお伝えしてきました。

さて、今回はお皿の動きが悪くなる要因を書いていきたいと思います。

膝関節6

写真を見て分かるように、膝のお皿(膝蓋骨)は太腿の筋肉(大腿四頭筋)と連結してます。連結というより筋肉の中に存在していると言ったほうがいいでしょうか?

大腿四頭筋骨格筋の形と触察法(河上敬介、磯貝 香)より

この筋肉と膝の皿(膝蓋骨)はかなり関係しています。

この筋肉の力がずっと入った状態や、短くなっていると(短縮)、お皿が常に大腿四頭筋に引っ張られている状態になり、膝の曲げ伸ばしの時のお皿の動きを制限してしまいます。

この状態が続くことにより膝蓋骨(お皿)の動きが悪くなり、膝の痛みが出たりします。

また、

この大腿四頭筋は名前の通り、4つの筋肉(大腿直筋、外側広筋、中間広筋、内側広筋)で出来ています。

IMG_2125_convert_20151104155108

太腿の内側についているのが内側広筋、外側についているのが外側広筋、真中は中間広筋、その上に大腿直筋です。

上の写真ですがお皿(膝蓋骨)を〇でなぞっています。お皿からでている矢印が各筋肉のついている方向です。矢印のそれぞれがそれぞれの方向に引っ張るので、各筋肉の引っ張り度合いによってお皿が内側や外側に動いてしまう事は想像つきますでしょうか?

臨床上多いのは内側広筋が弱く、大腿直筋や外側広筋が過剰に働いている状態です。

この状態だと膝蓋骨は上外側に偏位しています。

膝関節の形状上、膝蓋骨(お皿)は外側に脱臼しやすいので、膝蓋骨の脱臼にもつながります。

大切なのはバランスよく大腿四頭筋の4つの筋肉を使える事と筋肉の柔軟性を保ち続けることです。

草津・南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)の膝痛の施術・運動については症状別ページ「膝痛の施術・運動」のページをご覧ください。

タグ:,
Jumpの特長&院長メッセージ
理学療法士として総合病院、スポーツ整形外科に12年間勤め、南草津にリハビリ整体&トレーニングJumpを開業して6年経ち臨床経験は18年となりました。

大学病院の学際的痛み治療センターで慢性痛の方の運動療法を担当し、慢性痛の方への適切な運動の重要性、また、日々の知識、技術の研鑽の大切さを感じております。

Jumpでは慢性痛の方が、安全に適切な運動ができるよう身体のチェック・ケア、運動メニューの作成・見直しが出来る環境を整えており、健康増進、スポーツパフォーマンス向上目的でもトレーニングジムをご利用いただけます。また、整体のみの通院も可能です。

南草津駅から徒歩15分のところにあり、遠方から電車で来院される方もございます。 皆様の健康をリハビリ整体とトレーニングジムでトータル的にサポートしていきます。

   

草津市 にある整体・リハビリ・トレーニングに特化した整体院です。

医師からも推薦される当院はリハビリ専門家・理学療法士が整体施術を行います。

医学的な根拠に基づいた検査を行い個々の問題点を把握した上で整体施術・運動指導を!

南草津駅から車で5分。

専用駐車場完備。

土曜日営業。

整体Jump受付時間

草津市 守山市 大津市方面からご来院いただいています。

リハビリ整体&トレーニング Jump | ジム併設!

  • 草津 整体院 jumpへのお電話はこちら
  • 草津 整体院 jumpへのメールお問い合わせはこちら