.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

腰痛に良い身体の使い方(1)

南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)院長の木村です。
腰痛をお持ちの方は普段、日常でどんな動作や動きが腰に負担がかかっており、どのような事に気をつけなければいけないのかが分からない方が多いと思います。
今回はそんな慢性的な腰痛をお持ちの方の為に腰痛に良い体の使い方を書いていきます。

腰痛の方でよく前かがみ、しゃがみ込みが辛いといわれる方が多いのです。

実際に腰は背中が丸くなっていると椎間板内圧が上がり、脊柱起立筋にも負担がかかり腰痛を起こしやすいのです。

腰痛について解剖学的に詳しく書いた記事です。よければこちらもご覧ください

 

それではどのような動きが腰にダメでどのようにすれば良いか説明していきます。

今回はしゃがみ込みです。

腰使い方2

まずこのNGの絵を見てください。

背中が丸くなったまましゃがみ込んでいますね。

これでは腰への負担が大きくなります。

しゃがみ込んでいる時は腰が痛くなくても立ち上がった時に腰がだるくなったり、繰り返していると後で痛みが出てきたりします。

次は良いしゃがみ込み方を見てみましょう。

腰使い方1

背中を真っ直ぐに保ったままお尻を引くように足(股関節)を曲げてしゃがみます。

そうすると腰椎は真っ直ぐに保たれたまましゃがみ込みが出来ます。

しゃがみ込んだ状態で膝が内側に入ってしまわないように気を付けてください。

ただこの方法は体幹や下肢の筋力、柔軟性がないとうまく出来ません。

この体勢がとれるためのトレーニングが必要な方も多いです。

無理のない範囲でこの体勢をとる練習をするのも一つですね。

*痛みが出る方は行わないでください。

次回からは日常の場面で気を付ける事を具体的に記載していきます。



腰痛に良い身体の使い方(2)

 

タグ:

南草津の理学療法士がしっかり診る整体院Jump(スポーツジム併設)

  • 南草津の理学療法士(国家資格であるリハビリの専門職)がする整体院です。(慢性的な腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害など)

    リハビリ整体の中で医学的な根拠に基づいた検査(動作観察、関節可動域、徒手筋力検査など)を行い個々の問題点を把握した上で、安心に施術を受けていただけます。

    スポーツジムは会員制で腰痛や膝痛、股関節痛、首痛などの症状を改善する為に必要なトレーニングメニューを行って頂けます。健康目的の為にもご利用可。営業時間内は使い放題です。
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.