腰痛に良い身体の使い方(1)

草津・南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)院長の木村です。
腰痛をお持ちの方は普段、日常でどんな動作や動きが腰に負担がかかっており、どのような事に気をつけなければいけないのかが分からない方が多いと思います。
今回はそんな慢性的な腰痛をお持ちの方の為に腰痛に良い体の使い方を書いていきます。

腰痛の方でよく前かがみ、しゃがみ込みが辛いといわれる方が多いのです。

実際に腰は背中が丸くなっていると椎間板内圧が上がり、脊柱起立筋にも負担がかかり腰痛を起こしやすいのです。

腰痛について解剖学的に詳しく書いた記事です。よければこちらもご覧ください

それではどのような動きが腰にダメでどのようにすれば良いか説明していきます。

今回はしゃがみ込みです。

腰使い方2

まずこのNGの絵を見てください。

背中が丸くなったまましゃがみ込んでいますね。

これでは腰への負担が大きくなります。

しゃがみ込んでいる時は腰が痛くなくても立ち上がった時に腰がだるくなったり、繰り返していると後で痛みが出てきたりします。

次は良いしゃがみ込み方を見てみましょう。

腰使い方1

背中を真っ直ぐに保ったままお尻を引くように足(股関節)を曲げてしゃがみます。

そうすると腰椎は真っ直ぐに保たれたまましゃがみ込みが出来ます。

しゃがみ込んだ状態で膝が内側に入ってしまわないように気を付けてください。

ただこの方法は体幹や下肢の筋力、柔軟性がないとうまく出来ません。

この体勢がとれるためのトレーニングが必要な方も多いです。

無理のない範囲でこの体勢をとる練習をするのも一つですね。

*痛みが出る方は行わないでください。

次回からは日常の場面で気を付ける事を具体的に記載していきます。

腰痛に良い身体の使い方(2)

草津市南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)の腰痛の施術・運動については症状別ページ「腰痛の施術・運動」のページをご覧ください。

タグ:,
Jumpの特長&院長メッセージ
理学療法士として総合病院、スポーツ整形外科に12年間勤め、南草津にリハビリ整体&トレーニングJumpを開業して6年経ち臨床経験は18年となりました。

大学病院の学際的痛み治療センターで慢性痛の方の運動療法を担当し、慢性痛の方への適切な運動の重要性、また、日々の知識、技術の研鑽の大切さを感じております。

Jumpでは慢性痛の方が、安全に適切な運動ができるよう身体のチェック・ケア、運動メニューの作成・見直しが出来る環境を整えており、健康増進、スポーツパフォーマンス向上目的でもトレーニングジムをご利用いただけます。また、整体のみの通院も可能です。

南草津駅から徒歩15分のところにあり、遠方から電車で来院される方もございます。 皆様の健康をリハビリ整体とトレーニングジムでトータル的にサポートしていきます。

   

草津市 にある整体・リハビリ・トレーニングに特化した整体院です。

医師からも推薦される当院はリハビリ専門家・理学療法士が整体施術を行います。

医学的な根拠に基づいた検査を行い個々の問題点を把握した上で整体施術・運動指導を!

南草津駅から車で5分。

専用駐車場完備。

土曜日営業。

整体Jump受付時間

草津市 守山市 大津市方面からご来院いただいています。

リハビリ整体&トレーニング Jump | ジム併設!

  • 草津 整体院 jumpへのお電話はこちら
  • 草津 整体院 jumpへのメールお問い合わせはこちら