腰痛に良い身体の使い方(10)

草津・南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)院長の木村です。
腰痛に良い身体の使い方シリーズ10です。

今回は椅子に座る姿勢についてです。

椅子に座る姿勢は皆さんも良く意識されていると思います。

座位1

デスクワークしている姿勢ですね。

この姿勢はOKです。

何が良いか?

1:骨盤が座面(椅子)にたいして垂直に立っている。

2:背筋がまっすぐで猫背になっていない。

3:パソコンを覗き込んでいない

などでしょうか・・・

実は1の骨盤の位置が座位姿勢では一番大切といっていいほど重要な点なのです。

骨盤が椅子に対して垂直に保つことができれば自ずと骨盤の上にある背筋はまっすぐになります。

腰の筋肉と腹筋をバランスよく使うので座っていてもそれほどしんどくはありません。

座位2

この絵のように骨盤が座面(椅子)に対して後方に傾いてしまうといくら頑張って胸を張っても背筋は丸くなってしまいます。

このような姿勢だと腰椎は丸くなり椎間板内圧も上昇してしまい腰の負担が大きくなります。

立位(立っている時)よりも座位(座っている時)の方が椎間板への負担はおおきいのです。

それに骨盤が後方へ傾き腰椎が丸くなってしまうと、より一層腰への負担が大きくなります。

仕事がデスクワークや車に乗る方に腰のヘルニアが多いのはその為です。

逆に良い姿勢にしようと意識しすぎて腰を反りすぎてしまっている方も良くおられます(特に女性)

骨盤を前方に傾けすぎて腰の筋肉を酷使してしまいます。

こうなると腰の背筋を使ってばかりで腹筋をうまく使えない状態になります。

大切なのは骨盤を適切な位置に保ち、リラックスしながら座れることが良いということです。

しかし、良い姿勢とはいえ長時間同じ姿勢うを保つのはよくありません。

適度に姿勢を変えたり、立ち上がって歩いたりすることで負担を分散することが必要です。

骨盤の位置といいましたが皆さん、自分ではきれいに座っていると思っていても意外と出来ていないものです。

今回まで腰痛に良い身体の使い方シリーズを10回にわたって書いて来ました。
腰痛でお困りの方のお役にたてれば幸いです。

草津・南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)の腰痛の施術・運動については症状別ページ「腰痛の施術・運動」のページをご覧ください。

タグ:,
Jumpの特長&院長メッセージ
理学療法士として総合病院、スポーツ整形外科に12年間勤め、南草津にリハビリ整体&トレーニングJumpを開業して6年経ち臨床経験は18年となりました。

大学病院の学際的痛み治療センターで慢性痛の方の運動療法を担当し、慢性痛の方への適切な運動の重要性、また、日々の知識、技術の研鑽の大切さを感じております。

Jumpでは慢性痛の方が、安全に適切な運動ができるよう身体のチェック・ケア、運動メニューの作成・見直しが出来る環境を整えており、健康増進、スポーツパフォーマンス向上目的でもトレーニングジムをご利用いただけます。また、整体のみの通院も可能です。

南草津駅から徒歩15分のところにあり、遠方から電車で来院される方もございます。 皆様の健康をリハビリ整体とトレーニングジムでトータル的にサポートしていきます。

   

草津市 にある整体・リハビリ・トレーニングに特化した整体院です。

医師からも推薦される当院はリハビリ専門家・理学療法士が整体施術を行います。

医学的な根拠に基づいた検査を行い個々の問題点を把握した上で整体施術・運動指導を!

南草津駅から車で5分。

専用駐車場完備。

土曜日営業。

整体Jump受付時間

草津市 守山市 大津市方面からご来院いただいています。

リハビリ整体&トレーニング Jump | ジム併設!

  • 草津 整体院 jumpへのお電話はこちら
  • 草津 整体院 jumpへのメールお問い合わせはこちら