.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

外反母趾(1)

・足の親指が歩くと痛む
・足の幅が広くなり細めの靴が入らなくなった
・膝痛や腰の痛みが出てきた
・インソールを履いているが改善しない
・治療院でマッサージやテーピングをしても変わらない

 

このような外反母趾からの症状でお困りの方は是非、当院にご相談ください!!

430225

外反母趾とは上の絵のように足の親指が外側を向いた状態(外反)です。
これにより親指の関節に負担がかかり痛みを起こします。

では、そもそも何故、親指が外側をむいてくるのでしょうか?
外反母趾に悩まされている方でも最初は今ほど親指が外に向いてないなかったのではないでしょうか?

外反母趾は偏平足(べた足)と姿勢との関係が非常にあります。

まず、偏平足ですが足裏の土踏まず部分に形成されている「正常なアーチ」が何らかの原因によって失われてしまう事によって発症する足裏の障害です。いわゆる足の裏がぺったんこで土踏まずが潰れている状態です。

それでは何故、偏平足が外反母趾に関係してくるのでしょうか?
偏平足の方は膝が内側(内股)になりやすいからです。
分かりやすく説明しますとまっすぐ立った状態で膝を内側に入れてください。そうすると土踏まずが潰れてしまいます。
この内股の土踏まずが潰れた状態でいると外反母趾が進行します。
下の写真を見てみましょう。
fullsizerender-1fullsizerender-2歩行時の蹴り出し(つま先で地面を蹴る瞬間)です。

膝を内側に入れて偏平足の状態で蹴りだしを行ってみます。
fullsizerender 親指が外側に捻じれています。
歩く事でこのような親指の外側の捩れの負担がかかり続けることで徐々に外反母趾が進行していく事になりますね。
また、偏平足の影響で膝を捻じった状態で歩いたり走ったりすることで膝痛や腰痛といった症状の原因になったりします。

今後は偏平足の事をもう少し詳しく説明してから、開帳足による土踏まずの横アーチの低下と外反母趾との関係性を説明したいと思います。

外反母趾なら南草津(草津市)のリハビリ整体&トレーニングJump(2)へ

 

 

 

タグ:

南草津の理学療法士がしっかり診る整体院Jump(スポーツジム併設)

  • 南草津の理学療法士(国家資格であるリハビリの専門職)がする整体院です。(慢性的な腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害など)

    リハビリ整体の中で医学的な根拠に基づいた検査(動作観察、関節可動域、徒手筋力検査など)を行い個々の問題点を把握した上で、安心に施術を受けていただけます。

    スポーツジムは会員制で腰痛や膝痛、股関節痛、首痛などの症状を改善する為に必要なトレーニングメニューを行って頂けます。健康目的の為にもご利用可。営業時間内は使い放題です。
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.