.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

肘痛(3)

これまで内側と外側の肘の痛みついて書いてきました。

さて今回は肘の痛みを改善していく為に必要なことを書いていきます。

オーソドックスは手首のストレッチです。
肘の内側の痛み(上腕骨内側上顆炎)と外側の痛み(上腕骨外側上顆炎)は手首を動かす筋肉を酷使することによって起こる障害です。その筋肉は肘から手首に着いている筋肉なので、手首をストレッチすると肘まで着いている筋肉が伸ばされます。ストレッチすることによって硬くなった筋肉が弛み症状軽減につながります。

しかし・・・

この手首のストレッチだけでは、ほとんどの方の肘痛は改善されません。ストレッチの後は少し痛みがましかな?くらいではないでしょうか。
軽い痛みの方であれば手首のストレッチのみで症状は軽減することがありますが・・・
また、炎症が強く起こっている状態では強くストレッチをしてしまうと余計に痛みが悪化する場合もあります。


いったいどうしたら良いのか?

筋肉って繋がりがあるのをご存知でしょうか?

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3アナトミートレイン第3版より
上図のようにアームラインといって背骨、肩甲骨、腕、指先といったように上肢の筋肉は筋肉、筋膜でつながっています。(*腕だけでなく筋肉・筋膜の繋がりは全身にあります。)
簡単に言うと、腕の前側の筋肉のラインと後ろ側の筋肉のラインがあります。

それではこのアームラインが何故、肘痛に影響をするのか?
猫背の姿勢でパソコンなどのデスクワークをしている状態を想像してみてください。

この状態では後ろ側のラインが伸ばされ、前側のラインが短くなります。
後ろ側の筋肉は伸ばされることにより緊張し、血流が乏しくなり肘の外側の痛みや肩甲骨周りの痛みなどを起こしてきます。

前側のラインは短くなります。その状態が続くことで筋肉が短縮してきます。短縮とは筋肉が短くなることです。筋肉が短くなると関節の動きに余裕がなくなります。手首や肘、肩の動きが悪くなり肩の痛みや、肘の内側の痛みなどに繋がります。

このように筋肉・筋膜の繋がりを考えると肘の痛みでは手首を伸ばすだけでなく、肩や肩甲骨などの動きの改善や、姿勢を改善していく必要があります。


 当院では姿勢が崩れている原因を把握し施術、トレーニングしていきます。
肘の痛みなのに姿勢を良くするために腹筋の運動をしたりすることもあります。
もちろん肘や手首周りの施術も行ったうえで体全体からの影響も考えて診ていきます。

タグ:

南草津の理学療法士がしっかり診る整体院Jump(スポーツジム併設)

  • 南草津の理学療法士(国家資格であるリハビリの専門職)がする整体院です。(慢性的な腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害など)

    リハビリ整体の中で医学的な根拠に基づいた検査(動作観察、関節可動域、徒手筋力検査など)を行い個々の問題点を把握した上で、安心に施術を受けていただけます。

    スポーツジムは会員制で腰痛や膝痛、股関節痛、首痛などの症状を改善する為に必要なトレーニングメニューを行って頂けます。健康目的の為にもご利用可。営業時間内は使い放題です。
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.