.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

膝痛(2)半月板損傷

前回は変形性膝関節症の事を記載しましたが

今回は半月板損傷のことを説明していきます。

まず、半月板とは?

%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%93

 

上の写真(膝模型)で膝関節の間にある青いゴムのような物のことを言います。
この半月板は役割があって存在しています。

半月板の役割

1:膝関節のクッションの役割

%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%92 関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

上の図のように膝関節は荷重関節(体重がかかる関節)なので半月板が無いと1点に荷重が集中してしまいます。
それを半月板をかいする事で荷重を分散させます。

2:膝関節を横から支える
%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%95


関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

上図のように膝関節の横の隙間に半月板があることによって膝関節を支えます。

3:関節液の潤滑を良くする
%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%96


関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

関節には関節を覆うように関節包とい袋があり、その中に液体(関節液)があります。半月板は膝関節の中の滑液を動かし滑順をよくすると言われています。

半月板は動きます!

%e5%8d%8a%e6%9c%88%ef%bc%94

関節・運動器の機能解剖(下肢編)より

上図のように膝関節の曲げ伸ばしに伴って、挟まれないように半月板は移動します。
膝を曲げていくと後方に、膝を伸ばすときは前方に移動します(実際は回線運動を伴いながら複雑な動きをします)。

今回はこの辺で・・・


 

タグ:

南草津の理学療法士がしっかり診る整体院Jump(スポーツジム併設)

  • 南草津の理学療法士(国家資格であるリハビリの専門職)がする整体院です。(慢性的な腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害など)

    リハビリ整体の中で医学的な根拠に基づいた検査(動作観察、関節可動域、徒手筋力検査など)を行い個々の問題点を把握した上で、安心に施術を受けていただけます。

    スポーツジムは会員制で腰痛や膝痛、股関節痛、首痛などの症状を改善する為に必要なトレーニングメニューを行って頂けます。健康目的の為にもご利用可。営業時間内は使い放題です。
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.