.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

膝痛(5)後十字靭帯損傷

今回は残りの膝についている靭帯について説明していきます。

・後十字靭帯損傷

img_2856

 

後十字靭帯は前十字靭帯と交差している靭帯です。
役割は前十字靭帯と反対で下腿が後方に落ち込むのを止める役割です。

%e9%9d%ad%e5%b8%af%ef%bc%95四肢と脊椎の診かた より

上の絵が後十字靭帯損傷の有無を確認する検査の一つです。
後十字靭帯が損傷していると下腿の骨(脛骨)が後方に落ちこんでしまいます。

後十字靭帯損傷を起こす要因としてはスポーツ中の激しい接触による外傷や、交通事故による外傷で生じるものが多いとされています。
例えば、交通事故でダッシュボードに膝を強く打ちつけ、脛骨が後方に強制的に押し込まれ受傷する「dashboad injury(ダッシュボード損傷)」などがあります。このように、脛骨上部を後方に押し込む強い外力が加わった場合に生じるとされると言われています。

後十字靭帯損傷の治療方法ですはリハビリテーションで治していくことが多いです。
前十字靭帯損傷は手術をする事が多いのに後十字靭帯損傷ではそうではないのは何故なんでしょうか?

その理由は次回です・・・

タグ:

南草津の理学療法士がしっかり診る整体院Jump(スポーツジム併設)

  • 南草津の理学療法士(国家資格であるリハビリの専門職)がする整体院です。(慢性的な腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害など)

    リハビリ整体の中で医学的な根拠に基づいた検査(動作観察、関節可動域、徒手筋力検査など)を行い個々の問題点を把握した上で、安心に施術を受けていただけます。

    スポーツジムは会員制で腰痛や膝痛、股関節痛、首痛などの症状を改善する為に必要なトレーニングメニューを行って頂けます。健康目的の為にもご利用可。営業時間内は使い放題です。
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.