.

南草津でリハビリのスペシャリスト・理学療法士の院長が務める整体院

冷え性を改善するには(2)

血流が悪くなる原因

2:自律神経の乱れ
自律神経は人間が生命を維持する為に必要な役割をもっています。心臓の脈拍や汗の調節、代謝、体温の調節などです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は主に興奮した時や活動するときに優位に働きます。
人間が興奮すると心臓の脈拍があがり、筋肉が緊張し汗をかいたりします。
このような状態が交感神経が優位に働いている状態です。

副交感神経は睡眠しているときやリラックスしているときに優位に働きます。
リラックスしていると心臓の脈拍が下がり(落ち着く)、筋肉もリラックスしますね。
このような状態は副交感神経が優位に働いている状態です。

この2つの自律神経がバランスよく働く事が大事なんです。

例えば、自宅で夜中、寝ている状態(副交感神経優位)この状態は、筋肉もリラックスしており体が休憩している状態です。
このとき、自宅で火事が発生しました!!
あなたは、焦げ臭いけむりの匂いで飛び起きました。
さて、逃げなくてはいけません!!筋肉が緊張し心拍数が上がり、汗もかいてきました。
このような状態が交感神経が優位に働いている状態です。

このような危機的な場面で副交感神経が優位に働いたままでは逃げ遅れてしまうかもしれません。
極端な例え話をしましたが自律神経にはこのような役割があるのです。

 

本題に戻りますと自律神経のバランスが崩れてしまうと体の状態が崩れてきます。
過度なストレスで自律神経が興奮した状態が続いていると睡眠が出来なくなってきます。筋肉も緊張したままなので血流もわるくなります。
また、夏場にエアコンの寒い部屋から、暑い外に出る事を繰り返していることで自律神経のバランスが崩れる事もあります。

 

タグ:

南草津の理学療法士がしっかり診る整体院Jump(スポーツジム併設)

  • 南草津の理学療法士(国家資格であるリハビリの専門職)がする整体院です。(慢性的な腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、肩こり、膝痛、スポーツ障害など)

    リハビリ整体の中で医学的な根拠に基づいた検査(動作観察、関節可動域、徒手筋力検査など)を行い個々の問題点を把握した上で、安心に施術を受けていただけます。

    スポーツジムは会員制で腰痛や膝痛、股関節痛、首痛などの症状を改善する為に必要なトレーニングメニューを行って頂けます。健康目的の為にもご利用可。営業時間内は使い放題です。
Copyright © 2014 南草津の整体 リハビリ整体&トレーニングJump All Rights Reserved.