肩の痛みでお困りの方

なぜ痛くなるのか?

肩の痛みは一般には、四十肩、五十肩と呼ばれていますが、正式な病名は、肩関節周囲炎といいます。

症状は肩を動かすと痛みがおこります。腕を上げたり、背中にまわしたりするときにも痛みます。最初は肩を動かした時の違和感から始まり徐々に痛みが強くなってくる方や、急な強い痛みにより夜間、とくに朝方に痛みが強くでて睡眠が満足にとれなくなり肩の動きも制限される方もおられます。

関節の周りにある組織の変化や、炎症などによって、肩に痛みが出る病気です。
肩関節の動きをつかさどる筋肉のうち、たいせつな4つの筋肉(棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、小円筋(しょうえんきん))が骨に付着する部分(腱(けん))を腱板(けんばん)といい、この腱板は、上腕骨(じょうわんこつ)の上の部分(結節部)についており肩関節を安定させる役割を持っております。

年齢とともに、この腱板の炎症や部分的な断裂、また、腱板の上にある袋(肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう))の炎症や癒着(ゆちゃく)がおこりやすくなり、こうしたことが肩の痛みや動きの制限をもたらします。

また、腕の力こぶをつくる上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)の腱に炎症(上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんけんしょうえん))がおこり、これによって、肩の痛みや動きの制限が現われることもあります。

肩の痛みをリハビリ整体Jumpならこう改善します。

肩の痛みを当院ならこう改善します

リハビリ整体で痛みによりこわばった肩周りの筋肉のリラクゼーションを行います。

そして肩甲骨の動きの改善を目指します。肩関節の動きは肩甲骨と一緒に行われるので肩甲骨の動きが悪くても肩の動きは制限されます。

インナーマッスルのトレーニング

そして肩関節を安定させるための腱板筋(インナーマッスル)のトレーニングを行います。

草津・南草津【理学療法士がしっかり診る整体院】Jump(ジャンプ)の五十肩・四十肩の施術・運動について詳しく説明している
症状別ページ「五十肩・四十肩の施術・運動」のページをご覧ください。

Jumpの特長&院長メッセージ
理学療法士として総合病院、スポーツ整形外科に12年間勤め、南草津にリハビリ整体&トレーニングJumpを開業して6年経ち臨床経験は18年となりました。

大学病院の学際的痛み治療センターで慢性痛の方の運動療法を担当し、慢性痛の方への適切な運動の重要性、また、日々の知識、技術の研鑽の大切さを感じております。

Jumpでは慢性痛の方が、安全に適切な運動ができるよう身体のチェック・ケア、運動メニューの作成・見直しが出来る環境を整えており、健康増進、スポーツパフォーマンス向上目的でもトレーニングジムをご利用いただけます。また、整体のみの通院も可能です。

南草津駅から徒歩15分のところにあり、遠方から電車で来院される方もございます。 皆様の健康をリハビリ整体とトレーニングジムでトータル的にサポートしていきます。

   

草津市 にある整体・リハビリ・トレーニングに特化した整体院です。

医師からも推薦される当院はリハビリ専門家・理学療法士が整体施術を行います。

医学的な根拠に基づいた検査を行い個々の問題点を把握した上で整体施術・運動指導を!

南草津駅から車で5分。

専用駐車場完備。

土曜日営業。

整体Jump受付時間

草津市 守山市 大津市方面からご来院いただいています。

リハビリ整体&トレーニング Jump | ジム併設!

  • 草津 整体院 jumpへのお電話はこちら
  • 草津 整体院 jumpへのメールお問い合わせはこちら